Recommended!2020年オススメする有料WordPressテーマ7選 Read More
WPテーマ有料テーマ

2018年WordPress有料テーマTCDで売れたテーマ・ベスト5

WordPress有料テーマのTCDはデザイン性や機能,SEOにも優れています。

カスタマイズせずとも十分に使えるものばかりです。

おそらく,有料テーマとしては国内で一番販売数の多いテーマだと思います。

細部に渡って計算され尽くしたテーマはどれも美しいものばかりです。

ただ少し お店やビジネスを意識し、特化したテーマが増えている傾向にあります。

もちろん、それらのテーマは通常のブロガーさんでも使えます。

2018年現在 TCDで人気のあるテーマをランキングしてみました。

2019年注目はワンカラムが引き立つONE(TCD061)に注目しています。

2018年TCDテーマ ベスト5

TCDは今の時流に合わせたテーマも次から次へと発表しますので,旧さを感じることはありません。

この「常に新しいデザイン」というところがTCDの良いところです。

通常1つのライセンスで1サイトという場合も多いのですが,これは使い回ししても大丈夫です。

1位 GENSEN(TCD050)

堂々の1位はGENSEN(TCD050)で、広告収益ビジネスモデルの構築まで考えた【検索機能がついたポータルサイト】向けWordPressテーマです。
続きを読む

ファッションやグルメ情報を提供する情報サイト、美容院や脱毛サロンを紹介する大規模なアフィリエイトサイト、宿・ホテル・観光地などを紹介するポータルサイト、不動産の物件情報検索サイトなどに活用できます。
敷居は高く感じますが、検索機能が充実しているということは、数多くの情報を提供するアフィリエイターさん向けです。

 

2位 OOPS!(TCD048)

2位にランクインはOOPS!(TCD048)で、ランディングページ(LP)作成に適したWordPressテーマです。
続きを読む

単なるペラサイトを作成するだけではありません。
CTA機能も有していますので、顧客獲得や販促商品を効率よく導入部分へ運ぶことができます。
トップページがランディングページ(LP)になっていますが、各カテゴリーへのリンクもできる、いわゆるWordPressブログとしての機能はそのままです。
インターネットビジネスだけでなく、アフィリエイトにもLPは重要です。
LP作成したいけれど難しそうだと思っている方でも、肩肘張らずに導入できます。

 

3位 BIRTH(TCD057)

3位は「FAQページ」「項目紹介ページ」などが プラグインやカスタマイズすることなく標準装備しているBIRTH(TCD057)です。
よく病院サイトで見かける感じのテーマです。

続きを読む
クリニックのサイトでよく見かける装丁です。
医療機関を意識した説明が記載されていますが、医療機関に特化しているわけではありません。理容・美容院のホームページ、コスメショップ、リラクゼーション関連の店舗、商品紹介を中心としたアフィリエイトサイトでFAQが必要な場合がある方もいると思います。シンプルできれいなテーマなので、応用が利くテーマだと言えます。

 

4位 Bloom(TCD053)

4位はガーリーというかフェミニンというか・・・女性向けキュレーションサイトを構築するWordPressテーマ Bloom(TCD053)です。

続きを読む
ライフスタイルの提案や、生活に役立つ情報を配信するブログ、ダイエットやグルメ、旅行などのキュレーションサイト、ファッション・カルチャー・エンタメなどの情報をまとめたマガジンサイトなど、使いみちはいろいろです。

余白を大胆に使用することでシンプルなのにフェミニンな雰囲気を出せるデザインなので、訪問者の心をギュッとつかめますので、個人ブログで使用するのもありなのではないでしょうか。

 

5位 KADAN(TCD056)

5位には和風サイトを素晴らしくキレイに仕上げることができるWordPressテーマ KADAN(TCD056)です。
続きを読む

和風サイトに必要不可欠な縦書きはもちろん横書きが絶妙なバランスで配置することができます。
和風テイストのコンテンツのレイアウトもいくつかのタイプから選べるので、サイトの内容やテイストにあわせて変化できる汎用性の高さを有しています。
和風なテーマということで、一般的には使用しづらいのかもしれませんが、和食店、宿泊施設や和風なものを取り扱っているショップなどいかがでしょうか。

まとめとして

TCDは以前から優れた有料テーマでしたがが,Opinion(TCD018)で「美しく,優れたテーマ=TCDテーマ」というポジションを確立したように思います。

Optionは今でもオウンドメディアサイトを構築するテーマとしては人気が高いテーマです。

昨今は業種に特化したテーマが多くなり、2018年の一番人気はGENSEN(TCD050)でした。

検索機能を強化したテーマは価格はちょっとお高めですが、機能は充実しています。

「キーワード(and・or)」&「カテゴリー」の組み合わせが可能な自由度の高い検索機能は評価に値します。

BIRTH(TCD057)KADAN(TCD056)も優れていますが、やはり業種特化というか、ビジネスライクしているところは否めません。

マガジンサイトと言えば規模が大きそうですが、大げさに考えずにBloom(TCD053)あたりは個人でも使用できそうです。

アフィリエイター向けなのはOOPS!(TCD048)です。

ランディングページ(LP)を際立たせることはアフィリエイターとして必須ですので、オススメいたします。

個人ブロガーさんには、パーソナル・ブランディグを確立しやすいということと、価格が12,980円と比較的安価なANGEL(TCD047)をオススメします。

また、安定した機能を持つMAG(TCD036)もオススメです。

 

関連記事
WPテーマ海外テーマ

WordPressテーマ envato elementsで安くて高機能な海外テーマを使ってみる

WordPressテーマは国産テーマに限ると思っているあなた・・・海外…
WPテーマプラグイン海外テーマ

翻訳プラグインLoco Translateを導入するためにGoogle 翻訳 APIを取得しよう【丁寧解説】

WordPress日本語テーマを導入していても、日本語化されていないプ…
WPテーマプラグイン海外テーマ

WordPress 海外テーマやプラグインを翻訳プラグインLoco Translateで日本語化しよう

WordPressは基本的に英語で作成されています。テーマ然り、プラグ…
WordPressテーマをテストしているサブサイトはこちらからどうぞ ↓

テストサイトに各WordPressテーマを実際にインストールしてみました。
各テーマ毎に少しカスタマイズしたところもありますが、基本的に同じ画像、同じ記事で構成していますので、参考になるかと思います。