Recommended!2020年オススメする有料WordPressテーマ7選 Read More
WPテーマプラグイン有料テーマ

WordPress 有料テーマTCD「MAG」導入レビューと使用しているプラグイン

WordPress(WP)有料テーマTCD MAGを導入してみました。

TCDは他サイトでCOREを使用していますがブログ系では断然MAGですね。

このTCD MAGは導入するだけで・・・というのは大げさですが,ある程度 簡単にサイト作成が出来る優れたテーマです。

MAGの導入レビューと使用したプラグインを紹介いたします。

2019年現在も1サイトはMAGを使用していますが、問題なく稼働しています。 現在のバージョンはver3.1.3で、2018年8月23日にアップデートされていました。

シンプルだがカッコいいサイトになる

見た目はシンプルですが,シンプルの中にかっこよさがあります。

画像にマウスを乗せた時のエフェクトが3種類から選べ,訪問者の目を引きます。

フッターのカルーセルもオシャレですね。

色の統一感を出すことも簡単に設定できるため,よりオシャレなサイトが作成できます。

有料テーマでは当然な仕様ですが,オリジナルのクイックタグも実装しています。

収益性も考えられたアフィリリンクも,管理画面から簡単に作成できます。

追尾型の広告リンクなどもさり気なく動作します。

要するにブロガーに必要なものは,最初からほぼ揃っています

プラグイン要らずでサイト作成

まず,プラグインを入れなくてもサイト作成できるところが優れています。

プラグインによっては導入すると表示速度が落ちるような重たいプラグインもありますが,そういった懸念もありません。

プラグインなしで作成しているでもサイトを見ていただければ,そのカッコよさ,オシャレさがわかると思います。

カスタマイズも管理画面の基本設定でCSSを追加できるので容易に行なえます。

私はh2,3,4タグのCSSを追加しました。

TCD MAG デモサイトへ

そういいながらプラグインは導入しています

プラグイン要らずとは云いながら,やはりプラグインは導入しています。

TCD MAG導入時にインストールした、プラグインのいくつかを紹介いたします。
<h3″>AddQuicktag(必須)

これはタグをワンボタンで挿入できるプラグインですが,このテーマに限らず,WordPress使用するなら入れておけ!というプラグインです。

TCDテーマにもAddQuicktag用のjsonファイルは用意されています。

Google XML Sitemaps(必須)

GoogleにXMLサイトマップを送信し,公開した記事ができるだけ早く、正しくGoogleに認識されるようにするプラグイン・・・と,説明は不要か

PubSubHubbub(必須)

使用するとインデックスのスピードがアップするということです。

Googleはコンテンツを見つける時PubSubHubbubを利用しているということです。

まぁ入れておきましょう・・・というプラグイン

TinyMCE Advanced(必須)

このプラグインも「入れておけ」プラグインですね。

このプラグインは投稿画面の編集ボタンの種類が増やせるプラグインです。

どのテーマを使用するにしても必須ですね。

WP Maintenance Mode(必須)

サイトをメンテナンスしている時に「工事中」「メンテナンス中」を掲示しておくプラグイン。

サイトテーマを変更する場合,設定しながらサイトをオープンにしておくことは訪問者に対して失礼だと思います。

ぜひとも導入しておくべきプラグインです。

WordPress Popular Posts(任意・必須)

人気記事をウィジェットで表示するプラグイン。

人気記事を載せる必要が無い方には不要ですが,せっかく訪問してくれた方にサイトの人気記事を表示しておくことで,サイト自身に興味を持ってくれるかと思われます。

この機能は標準で欲しかったなって思います。

Table of Contents Plus(任意)

目次を自動生成するプラグインです。

目次を表示することで訪問者を迷わせないし,何よりも目的内容へすぐにアクセスできるということであるに越したことはないプラグインです。

デザイン的に嫌だという人もいますが,サイト滞在率も上がりますので導入しておいても良いのかなと思います。

しかし,標準のテンプレートはあまりかっこよくはありません。

これはCSSを追加することでカスタマイズが可能です。

TCD MAGの場合,TCDのテーマオプションの基本設定内のカスタムCSSに追記できます。

naifixさんのサイトを参考にさせていただきました。

⇨Naifix Table of Contents Plusデザインカスタマイズで目次をおしゃれに演出!

TablePress(任意)

表組みを簡単に行えるプラグインです。

予めExcelなどで表を作成しておき,ファイルをインポートすることで簡単に作成できます。

レスポンシブに画面を小さくしても対応してくれるので時々使用しますが,表のカスタマイズは割と手間です。

他にテーブルを挿入する良いプラグインはないものでしょうか。

Shortcodes Ultimate(任意)

ショートコードで記事装飾が出来るプラグインです。

デザインも豊富でカスタマイズ性もありますが,もともとTCD MAGにはクイックタグ機能が装備されていますので,これは好みになります。

Calls to Action(任意)

CTAを設置するプラグインです。

CTAを作成するプラグインで,A/Bテストなども行えます。

Meta Slider(任意)

サイトにスライダーバーを挿入するプラグインです。
記事中にスライダーバーが入ることで記事が華やぎますし,そこからアフィリリンクへの誘導も行えます

こんな感じで実装します。
最近のTCDのWP有料テーマを紹介しています。

2020年現在 MetaSliderは使用していませんが、とても優れたスライダープラグインだと思います。

YouTube Adds Pro(有料プラグイン)

YouTube動画をサイトに表示している方も多いのですが,味気ない表示になりがちです。
有料テーマですが,インパクトの有る記事になること請け合いです

まとめとして

TCD MAGはデザイン性と機能性を兼ね備えたWordPress有料テーマであることは間違いないです。

プラグイン不要ということですが,プラグインはWordPressを快適に運営するのに必要で,プラグインと組み合わせることでより完璧なサイト作成が可能です。

 

関連記事
WPテーマ海外テーマ

WordPressテーマ envato elementsで安くて高機能な海外テーマを使ってみる

WordPressテーマは国産テーマに限ると思っているあなた・・・海外…
WPテーマプラグイン海外テーマ

翻訳プラグインLoco Translateを導入するためにGoogle 翻訳 APIを取得しよう【丁寧解説】

WordPress日本語テーマを導入していても、日本語化されていないプ…
WPテーマプラグイン海外テーマ

翻訳プラグインLoco Translateで海外テーマやプラグインを日本語化しよう

WordPressは基本的に英語で作成されています。テーマ然り、プラグ…
WordPressテーマをテストしているサブサイトはこちらからどうぞ ↓

テストサイトに各WordPressテーマを実際にインストールしてみました。
各テーマ毎に少しカスタマイズしたところもありますが、基本的に同じ画像、同じ記事で構成していますので、参考になるかと思います。