Recommended!2020年オススメする有料WordPressテーマ7選 Read More
アフィリエイト有料テーマ

2017年 (2020年もね!)WPでアフィリエイトをやるなら有料テーマでなくてはならない理由

WordPress(WP)でアフィリエイトをやっているあなた,収益は上がっていますか?

多くの人がWordPressのテーマは有料テーマ導入するか無料テーマでサイト作成するかを悩みます。

WordPressの知識がないとカッコよくキレイなページが出来ないんじゃないか?

WordPressの設定操作はできるけれどSEOに問題はないんだろうか?

無料でカッコいいテーマはたくさんあるのではないか?

せっかくお金を出したのにペイできないのではないか?

そういったお悩みを抱える方も結構いるのではないでしょうか。

2019年現在 加筆・編集を行っていますが、2017年当時も2019年現在も悩むことについては変わっていないと思います。

WordPress有料テーマを導入してみて

ちなみに私も有料テーマを導入する前は,不安に思っていました。

CSSを十分理解しているとか、HTMLに精通しているとかまったくありません。

CSSやHTMLの構文を見て「あ、こんな意味なのねぇ」程度しか理解していませんでした。

WordPressの設定操作は、なんとなくできる程度の知識しかありません。ただ WordPressを触るのは嫌いではありません。

悩んだ挙げ句、WordPress 有料テーマを導入してみると,ほとんどの有料テーマは独自の管理画面があり,そこで一括設定操作ができるので,とても簡単に設定ができたことに驚きました。

有料テーマのSEOも,それぞれのテーマ開発時点でデベロッパーさんが、十分に考えて開発していますので,敢えてプラグインなどを導入することは不要でした。

おかげでアクセスも順調に伸びており,アフィリ収入も増えました。

2019年現在 以前より詳しくなったかなと言う程度で、そんなに能力がアップしているわけではありませんw。

取り敢えずWordPress有料テーマは導入してみましょう

結論から言えば「取り敢えずWP有料テーマを導入してみましょう」・・・いいかえれば「WP無料テーマは考えないでください」という感じでしょうか。

WP無料テーマをプラグインを導入しカスタマイズしながらサイト作成する時間があるのなら記事をいくつも書いたほうが良いということです。

SEOを気にせずに記事を書けるってとても有り難いじゃないですか。

お金がかかるのだから 当然リスクはある

もちろん有料テーマを購入するのですからコストがかかるというリスクがあります。

また,有料テーマだからと言ってアクセスが急激に伸びるものではありません。

しかし、記事を数多く入れないことにはアクセスが伸びるも何もありません

有料テーマの設定だけでも ある一定レベルのサイトは作成できますが、やはり自分好みにカスタマイズしたほうが良いでしょう。

カスタマイズするためにはプラグインを使用しますので,WordPressの操作設定が「少しだけ」できなければ無用の長物です。

ということはWordPressの知識がゼロではハードルが高いということです。

これは「そもそも論」ですね。

リスク上等で有料テーマ導入!いっちゃいましょう

というかリスクなんて考えたらキリがありません。

無料テーマを転々と探し回ることだってありますよね。

プラグイン導入でどれを入れたらいいか悩みますよね。

3万円以上のテーマなんて数多くありませんし、そんな高額なテーマを導入しなくても良いので,そこは購入代金を回収してやろうと気持ちを切り替えたほうが良いのではないでしょうか?

「そもそも論」でWordPressの知識ゼロではダメといいましたが,最初から導入し慣れていくというのもありなんです。

例えば「賢威(2019年現在は Ver.8)」「AFFINGER4 PRO(2019現在はWING(AFFINGER 5)」などは多くのユーザがカスタマイズ方法をブログでアップしていますので初めての人でも参考にできるカスタマイズが揃っていますので全然OKです。

購入した人がやるかやらないかだけです。
「SEO対策はどうしたら・・・」「配置はどうしたら」と悩む前に導入したほうが早いと思います。

アフィリエイトやるなら 基本的に無料テーマは無駄

無料テーマ製作者は,導入する人がアフィリエイトサイトにするかどうかなんて考えていません。

オシャレなデザインのテーマは海外製も多く,カスタマイズに一苦労することもあります。

検索上位のサイトを見てください。大手メーカーやメディアサイトは別として,上位に表示されているサイトは,ほぼ有料テーマを使用しています。

そうなれば無料テーマで「どれにしようかなぁ」と悩むのは無駄な時間を過ごすことになります。

どういった有料テーマがあるのかということは後述します。

SEOについて、基本的に知っておくべきこと

1つ知っておくべきことはSEO対策はあまり考えなくていいということです。

記事内容・コンテンツがしっかりしたサイトはGoogleの検索アルゴリズム変更に左右されません。

しかしGoogleの検索エンジンは日々進化しています。昨日まで上位に表示されていたページがGoogleの検索エンジンのルールで,悪質でなくても「悪質なページ」と判断され,圏外へ飛んでしまうことが数多くあります。

いつどんな時でも圏外に飛ばされる可能性があるということは知っておいたほうが良いです。

だから,下手にSEO対策を行っても無駄ですのであまり意識して考えなくてもよいということです。

2019年現在もGoogleは良質コンテンツ つまり、良い記事を上位に表示します。

これはGoogleのアルゴリズムが変化・進化しても普遍的に変わらないことだということです。

しかしSEO対策って重要なのでは

対策は考えなくていいとは言うもののSEOをまったく意識しないのはよくありません。

やはり,記事タイトルとか,最初の120文字とかには少しの工夫は必要にはなります。

タイトルに使用するキーワードやセンテンスに配置するキーワードは考えて書かなければ意味はありません。

人気があるブロガーさんが「こんにちは〜〜!いつも◯◯している△△です。」と書いたりしています。

それは購読者がたくさんいらっしゃるので,それでもアクセスはあるわけです。

更新したら購読者が見に来るわけですからね。

でも,そうでない 一般的なサイトの場合 挨拶や近況は、本文先頭文字から22文字も無意味な文字を入れているということになります。

検索エンジンでタイトルの下に出てくる説明文として文頭の120文字くらい使用されます。

メタディスクリプションと言いますが,そこに無駄な文字は使う必要はありません。

訪問者にこのサイトは役に立つと思わせることができる部分なので重要なところです。

やはり記事タイトルと文章の冒頭部分,つまりトップコピーは重要だということです。

もちろん,コンテンツにも良質な内容を読みやすく配置することも重要です。

要はしっかりした記事を書いておくことが一番のSEO対策になるわけです。

色々考えると有料テーマって必要です

WordPressテーマは無料テーマでも問題はありません。
しかし,時間を無駄にしたくはないですよね。
SEOを考えたり,プラグインでサイト構成を考えたり,CSSを大きく変更したりと作業が大変ではありませんか?

「WordPressサイトを作成する」のが最終目的ではなく「アフィリエイトで収益を上げる」ことが最終目的であるということです。

WordPressサイトを作成するのは最終目的を達成するための一時的目標にすぎません。

そういった手間を最小限にするためにWordPress有料テーマを使用すべきなのです。

どういった有料テーマが良いのか

2017年のWordPress有料テーマのトレンドはCTAとLP誘導です。

難しそうな言葉ですがCTAとはCall to action(行動喚起)の略で販売したい商材へ導くためのリンクを押したくなるようなボタンを指します。

LPはランディングページのことで,商品紹介ページです。

WordPressでは固定ページでLPを作成することが出来ます。

記事に訪問した人にCTAボタンでLPページへ誘導します。

つまりCTAとLPが作成できるテーマが一番良いテーマと言えます。

2019年現在 大きな変化はありませんが、LPの重要性はましていると感じます。

記事ページからLPへ誘導することは重要です。

おススメできる有料テーマベスト5

この記事を執筆した時期が2017年4月なので、2019年現在は変化しています。
当時 オススメしたベスト5と考えて読んでください。

バージョンアップしたものは編集しています。

1位 ORANGECAGE ストーク

ストークはスマホで見られることを意識したテーマです。

ネット閲覧の2/3がスマホということから,Googleもモバイルフレンドリーなサイトを上位に表示するということです。

ストークはまずスマホありき・・で テーマ制作されています。

デザインはフラットデザインで表示もシンプルながらカッコいいサイトに仕上がります。

CTAボタンを標準装備し,固定ページもワンカラムでデザインできるのでLPに持って来いです。

CTAとLPを装備したストークはベストな選択と云えます。

今ブログで流行りの会話風吹き出し機能も有していますのでブロガーにとって無敵のテーマです。



2位 TCD MAG

TCDは他にも数多くのテーマデザインがあります。

企業サイトや職種別にテーマが用意されています。

その中でMAGはブロガー,アフィリエイターに特化したテーマです。

ブログに必要な装備は標準で付いています。

ですので,プラグインを入れなくても見栄えのあるサイト作成が出来ます。

アフィリリンクも貼りやすいようになっていますし,固定ページをLPにすることも簡単にできます。

3位 「稼ぐサイトの設計図」 AFFINGER4 PRO

無料テーマSTINGERの進化版で,アフィリエイトに特化したテーマです。
アフィリ専用ウィジェット,YouTube全画面背景化,画像のフェードインなどのエフェクト,商品ランキングページの作成などアフィリエイトを意識したテーマです。

コンセプトがアフィリエイトなので使いやすさを追求しています。
「稼ぐサイトの設計図」はそのコンセプトを具現化するガイドとなっています。

2019年現在 AFFINGER4 PROはWING(AFFINGER5)へバージョンアップし、進化しています。

WING(AFFINGER5)は、「アレをしたい」「こんな機能があればいいのに」を最初から詰め込んでおり、タイプの異なる複数のサイトもこれ1つで作れるのでカスタマイズに余計な時間を奪われること無く、効率良くでサイト作成を可能にする機能が備わっています。

4位 賢威

言わずと知れた「賢威」です。賢威6と7がダウンロードできます。

SEO的には賢威7が優れていると云われていますが,個人的にはカスタマイズしやすい賢威6.2が使いやすいと思います。

賢威6.2は数多くの人がカスタマイズサイトを開設しているので,安心して使用できます。

それから同時に手に入るSEOマニュアルはとても価値があります。
これだけで元が取れるほどのマニュアルです。

2019年現在 賢威はバージョン8に進化しています。

5位 Digipress Colors

とてもカッコよくキレイなサイトが作成できます。

SEOの構造的にもチューニングされていますし,管理画面で割りと簡単にカスタマイズできました。

価格の割に機能充実しており,オプションでCTAプラグインやショートコードを追加するプラグインなどの機能も充実しています。

プラスアルファのテーマ

プラスアルファでもう一つご紹介いたします。
それはLP専用のテーマです。
LPを作成することに特化したテーマで,普通のテーマと比べて特殊性はあります。

LP colorful

 

LPを簡単に作成できるWordPressテーマです。

別の記事でも紹介していますが,ブラウザ上で視覚的に文字の大きさやヘッダーや画像やフォームなど配置できるため,パズルを組み立てるようにようにLP制作を行うことができる

一番の売りは「速さと簡単直感的操作」です。

関連記事
WPテーマ無料テーマプラグイン有料テーマ

WordPress テーマ固有の装備 機能は「最小限」で使用すべき たった1つの理由

WordPressでサイト構築・作成する時のテーマを選ぶ場合、デザイン…
WPテーマ有料テーマ

2018年WordPress有料テーマTCDで売れたテーマ・ベスト5

WordPress有料テーマのTCDはデザイン性や機能,SEOにも優れ…
WPテーマ有料テーマ

シンプルで高機能なブロガー専用WordPressテーマSWALLOWのここがスゴイ

OPENCAGEからシンプルで高機能なWordPressテーマ「スワロ…
WordPressテーマをテストしているサブサイトはこちらからどうぞ ↓

テストサイトに各WordPressテーマを実際にインストールしてみました。
各テーマ毎に少しカスタマイズしたところもありますが、基本的に同じ画像、同じ記事で構成していますので、参考になるかと思います。