WoroPressのtips

朗報!エックスサーバーでモリサワフォントが無料で利用できる

エックスサーバーから新たなサービスが追加されています。

モリサワフォントのWebフォント「TypeSquare」で提供中の書体から30書体セレクトしたものが無料で利用できるというサービスです。

モリサワフォントといえば日本語フォントの中でも老舗のフォント制作会社で、1年間1台のPCで使用するPASSPORT1でも49,800円する代物です。

webフォントのメリット

 

webフォントはインターネット上のフォントのデータを用いて、サイト上のテキストを画像で加工したかのような文字で表示する仕組みのことです。

メリットとしてまず、画像で加工したような見出しが簡単に作れます。

次にテキストが増え、サイトが検索エンジンに認識されやすくなります。

さらに、Webサイトやブログに合ったフォントにできます。

そして、PCやスマホなど、環境に関係なく見やすいサイトになります。

エックスサーバーで利用できるwebフォント

 

エックスサーバーで利用できるフォントは30種類(最初は27種類)ですが、無料ですので十分です。

条件として25,000PV/月となっており、それをすぎると解除されます。

また利用可能なドメインは1つになっていますので注意して下さい。

 

エックスサーバーのwebフォント設定方法

 

エックスサーバーの管理画面に入ります。

管理画面の左下に「webフォント設定」という項目があります。

webフォント設定画面で「webフォント設定の追加」からドメインを選択し「設定する」をクリックします。

エックスサーバーの設定はこれだけです。

WordPressの設定

HTMLの記述方法もありますが、ここではプラグインを用いての設定を紹介します。

プラグインのインストール画面に行きます。

検索で「 TypeSquare Webfonts for エックスサーバー 」で検索しインストールします。

プラグインの設定画面に入ります。

ある程度のパターンは準備されていますが「新しくテーマを作成」もできます。

自分好みで設定して下さい。

上級向けカスタマイズではフォントを適用するクラス指定ができます。

まとめとして

日本語Webフォントは数が多くないので嬉しいサービスです。

ましてモリサワフォントというのもありがたいですね。

エックスサーバーは無料独自SSLやWebフォントなど機能強化されていってます。

こういったサービスをどんどん増やしていってほしいですね。





関連記事

  1. WordPressを検証用にドメイン取得しカスタマイズしていく様子〜5…

  2. WPプラグインCalls to Actionでクリックしてもらえるフレ…

  3. ランディングページ(LP)作成テンプレートColorfulは導入してお…

  4. コレは使える!ブログが引き立つ海外無料画像素材サイト

  5. ロリポップからXserverへDuplicatorを使用してお引越し

  6. 【WP】WordPressの動画プラグイン7選を使い方も含めまとめてみ…

PAGE TOP