プラグイン

画像の読み込みを遅くしてサイト読み込み速度をアップする Lazy Load

WordPressの読み込み速度が遅いと検索エンジン(Google)から上位表示されなくなる可能性があります。
多くは画像の読み込みに時間がかかっていることに起因している場合が多いようです。
Lazt Loadは、画像読み込み遅延に効果を発揮するプラグインです。

何故、今頃画像ファイルの大きさなんて言うの?

Googleは2018年7月からページ表示速度をモバイル検索のランキング要素として組み込むことを発表しています。

日本では4Gは当たり前のようになっていますし、Wi-Fi環境もだいぶ整ってきましたが、Googleは日本だけを監視しているわけではありません。

世界のモバイル回線接続は、2020年でも70%が3G回線にとどまります。

つまり、Googleが監視するページ表示速度は3G回線を世界基準として行われるというわけです。

3G回線を基準に考えるのであれば、画像ファイルはテキストファイルに比べて容量が大きいので、表示に時間がかかります。

今更ながらページ読み込み速度を早める必要が出てきました。

GoogleのTest My Siteでモバイル回線テストを行ってみると良いでしょう

画像を遅延させて読み込む

Lazy Loadは直訳すると「ゆっくりと負荷をかける」ということで、「遅延させる」ことになります。

ページにアクセスした時には画像を開かず、スクロールなどして画像表示が必要になった時に表示させることができます。

つまり、ページにアクセスの読み込み時間の短縮になるということです。

これがGoogleのモバイル検索のランキング要素に当てはまってくるかどうかは今のところわかりませんが、少なくともファーストページ読み込みのスピード感は増してきます。

Lazy Loadはインストールして有効にするだけ

Lazy Loadは基本インストールして有効化するだけでOKです。

Lazy Loadと同じように「遅延効果」を使ったプラグインは色々出ており、設定によってコントロールできるものもあります。

  • LazyLoad
  • a3 Lazy Load
  • Unveil Lazy Load
  • BJ Lazy Load

“Lazy Load” の検索結果 — WordPress プラグイン

CDNと相性が悪い場合もある

CDN(コンテンツ・デリバリー・ネットワーク)は画像やデータなど、サイズの大きいコンテンツのキャッシュを複数のサーバーで分散して所有させ、ページ閲覧時に訪問者の一番近いサーバーが応答するというネットワークシステムです。

Lazy LoadはCDNと相性があまり良くないと言われています。

CDNを使用している場合はご注意下さい。

まとめとして

Lazy Loadで遅延読み込みをさせることがGoogleにどう影響をあたえるのかよく分かっていません。

Google botが認識出来ない場合があるとも言われています。

個人的には、CDNを利用する以前はLazy Loadをインストールしていました。

しかし、CDNの方が効果があったので、今は削除しています。

CDNを使用したくない、あるいは出来ないといった状況ならインストールはありなのではないでしょうか。

関連記事

  1. 【WPプラグイン】Really Simple SSLでサイトを一気にH…

  2. 【WP】YouTube Adds Proでサイト動画にアフィリエイト広…

  3. 【WP】WordPressの動画プラグイン7選を使い方も含めまとめてみ…

  4. WordPressプラグインのアップデートを失敗した時の対処法

  5. サイト表示速度を一瞬で劇的に高速化するWordPressプラグイン

  6. TablePressでの表作成はGoogleスプレッドシートがベスト

PAGE TOP