早めに対応が必要!Firefoxは今後HTTPSしか対応しないブラウザになる

Mozillaは今後、Firefoxの開発において、JavaScript・CSS・HTTP・メディアフォーマットなど全てセキュア・コンテキストでなければ対応しないと明らかにしています。

現在WordPressでブログなどのウェブサイトで対応していない方々は、早めの対応が必要になります。

2019年現在 ほとんどのブラウザはセキュア・コンテキストでなければ対応しなくなっています。

HTTPSの環境でないとダメですよ

セキュアコンテキスト(Secure Contexts)とは直訳すれば「安全な文脈」ということで「HTTPではダメですよ。SSLの環境下で構築されたサイトでなければ対応しませんよ。」ということです。

(原文) All the building blocks are now in place to quicken the adoption of HTTPS and secure contexts, and follow through on our intent to deprecate non-secure HTTP.

「すべてのビルディングブロック(Firefoxのことか)は、HTTPSの採用とコンテキストの保護を迅速に行い、非セキュアなHTTPを軽視する意向を持っている」こんな感じですかね。

Mozilla Security Blog

Since Let’s Encrypt launched, secure contexts have become mu…

Webは確実にHTTPSへ移行している

Chromeは現在、パスワードやクレジットカード情報を扱わないHTTPサイト、いわゆる非セキュアサイトでもアドレスバーに警告が表示されるようになっています。
Mozillaも同様いや、それ以上のに対応を行なうということです。

Webは確実にHTTPSへの移行を推し進めています。

早い段階でSSL環境下で移行してサイト構築しないといけないということです。

あるいは、今からブログや会社のサイトを作成する場合は、最初からSSL環境下で構築しておく必要があります。

安心してください!ほとんどのサーバーはSSL化に対応している

すでにほとんどのレンタルサーバーは無料独自SSLを用意しています。

逆に対応していないレンタルサーバーを使用しているのなら、これを機会にSSL対応のレンタルサーバーへ乗り換えて下さい。

WordPressを既存でHTTP環境で使用していても、HTTPS化できますので是非行って下さい。

エックスサーバーで行った方法

関連記事

エックスサーバーは独自SSLが無料で使えます。2014年 Googleが「HTTPSをランキングシグナルに使用します」と発表し約3年経過しました。だいぶHTTPS化も進んできていますが,SSLサーバーが有料だったりして個人ブ[…]

プラグインで行った方法

関連記事

今やサイトのHTTP化は必須となってきています。GoogleがHTTPSサイトをトップクラスに表示すると宣言したのが2014年です。移行期間を考えても,そろそろ本腰を入れてくると予測されます。SSL環境下でサイト作成[…]

無料ブログはどうなるのか

国内の無料ブログはSSL化するのでしょうか?

WordPressのサイトなので無料ブログはどうでもいいお話なんですが、ちょっと調べてみました。

はてなブログは2017年10月くらいから管理画面がHTTPS化されました。

順次サイトもHTTPS化に変更するということですが、2018年1月24日現在まで進行はありません。

アメブロFC2もSSL化されるようです。

どうやら、大手の無料ブログサービスは対応していくようですね。

2019年現在 SSL環境下への移行は終わっています。

しかし、地方のブログサービスは遅れをとる可能性がありますので、注意しておいたほうが良いですね。

良い機会なので、レンタルサーバーを借りてWordPressへ移行したほうが良いですよ。

2019年現在 多くのブログサービスがSSL環境下への移行は完了していました。
関連記事

『エックスサーバー』は、安心と快適さを兼備した高性能レンタルサーバーです。価格は格安サーバーほど安くはないですが、サーバーの接続スピードや堅牢性、稼働率は安定していて、アフィリエイターさんやブロガーさんらに抜群の支持を得ています。[…]

関連記事

WordPressでサイトを作成しアフィリエイトを始めようとする時、どこのレンタルサーバーを使用するかで悩みます。コストも気になるし、ディスク容量も気になるし、サポートも気になるところで、いろいろなレンタルサーバーを比較しますね。[…]



HTTPSってどんな意味?用語解説しておきます

もしかしたら、用語が難しいかもしれませんので、とても簡単に用語解説をしておきます。

HTTPS

Secure(暗号化などで安全な状態にする)環境下で、Hypertext Transfer Protocol (HTMLを送受信するための通信上の手順などの約束事)を実行する事です。

プロトコル

コンピュータ同士の通信における手順などの約束事です。

お互いが理解できる約束事でないと通信できません。

SSL(Secure Socket Layer)

データを暗号化して、安全に送受信できるプロトコルです。

SSLを利用するにはサーバーにSSL証明書を導入しなければなりませんが、最近ではレンタルサーバー会社で無料SSL証明書を導入しているところがあります。

まとめとして

Chromeに続きMozillaもHTTPSを義務付けてきました。

Safariもそうなることは見えていますし、EdgeやOperaも然りです。

今後HTTPSが当たり前になってきますので、今のうちにサーバーのSSL化を行なうというのが良いでしょう。

  • 圧倒的にSEOに強く 抜群に上位表示されやすい
  • 美しく・おしゃれで・洗練されたデザイナーズサイトがワンクリックで完成
  • アクセス・収益アップを強力に後押しする「集客・収益化支援システム」
>このサイトで使用しているテーマ

このサイトで使用しているテーマ

「SEO・デザイン・機能」のすべてを備えたテーマを作ろうと、デザイナー・SEOコンサルタント・ブロガー・アフィリエイターなどが開発に携わり、それぞれが培ってきたノウハウを注ぎ込んだ「究極のWordPressテーマ」

CTR IMG