Recommended!2020年オススメする有料WordPressテーマ7選 Read More
サーバー初めてのWordPress

店舗のホームページ作成にWordPressまで必要とはしない たった1つの理由

店舗のホームページ作成にWordPressを使用して作成しようと考える人は多いはずです。

その場合お店の顔としてのホームページを作るのですから、WordPressのテーマはなんでも良いという訳にはいきません。

できれば有料のWordPressテーマからきれいなテーマ・カッコイイテーマを選択し、アナタのお店に合ったテーマで作成しなくてはなりません。

しかし、ホントにお店のホームページはWordPressで作成しなくてはいけないのでしょうか?

答えは「お店のホームページをWordPressで作成する必要はない」です。

それはたった1つの理由しかありません。

お店のホームページは個人のサイトとは違う

お店のホームページと一言に言っても、飲食、美容、スクール、医療、施設・団体、ハンドメイド作家、ビジネス全般etc…などどんな職種なのかによってもデザインや装丁が違ってくると思います。

これって個人サイト以外全てじゃない?と、思われるでしょうが、そうなんです。

個人発信ブログ・サイト(アフィリエイター含む)以外で、集客して売上げアップを目標にしているところは全てです。

またお店のホームページには、イベントや定休日のカレンダー、お問い合わせフォーム、クーポン情報、ネットでの販売があるならカート機能、予約フォームなど、普通のブログサイトと違った機能を持たせなければなりません。

これらのお店のホームページは外注して作成することも出来ます。

しかし、外注で数十万円かけて作成したのに思ったようなデザインでなかったり、メンテナンスが面倒だったり・・・

そりゃそうですね。自前で作成しているわけではないので、どこをどのように触れば変更できるかわかりませんものね。



お店のHPにWordPressテーマを利用するとすれば

もちろんWordPressを利用してサイト作成はできます。

その場合は無料のテーマを使用するより、日本語対応した有料のテーマを利用したほうが良いでしょう。

無料テーマでもカッコよく、素敵なサイトが出来ますが、それにはテーマのスクリプトをいろいろ触ったり、必要なプラグインをインストールしたりと、かなり手間がかかります。

日本語有料テーマはそこのところを「ある程度」カバーしています。

「ある程度」というのは、お店によって使用する機能が違います。

例えば、予約フォームが必要なお店やカート機能が必要なお店、クーポンが必要なお店などです。

それらは外部のプラグインをインストールし、サイトの設定を変更し入れ込んでいかなければなりません。

あなたがWordPressに詳しくても、手間がかかる作業です。

ましてや従業員に作らせたら、その人が辞めてしまったら更新すら進みません。

もし、職種が決まっているのであればTCDのWordPressテーマなどは職種に絞ったテーマがありますので、活用できるかと思います。

ネットショップエステ・美容サロン和のテイスト店クラブ、ライブハウス個人起業家洋食・レストラン医療・クリニック

お店のHPにWordPressまで必要とはしないたった1つの理由とは

ホームページは生き物と同じです。

更新されていないサイトは死んだも同然で、見向きもされなくなります。

せっかくのお店の顔が死んでしまうのですから、ネットからの集客は皆無になってしまいます。

お店のホームページを作る目的あるいは理由とは何でしょうか?

ホームページから集客しお店の利益を上げることが最終目標です。

「ホームページ」を作ることを「目的」にしないで下さい。

つまり、お店のホームページは簡単に、しかしカッコよく、機能的に作ることが一番なので、そのために作業が面倒なWordPressを使う必要はありません。

これがお店サイト作成にWordPressが不要なたった1つの理由です。

だったら どうすればいいんだよ!

お店サイトを作成するのならば、ツールの変化にも対応していなければなりません。

簡単にホームページが作成出来るツールといえばWix(ウィックス)Jimdo(ジンドゥ)などがあります。

これは随分前(2006~2007年頃)から運営されているようで、世界規模でのユーザー数は多いかもしれませんが、日本ではイマイチ拡がりを見せていないようです。

もちろん、Wix、Jimdoでも素敵なサイトは作れますよ。

しかし、管理編集パネルの操作性がイマイチだったり、ページの配置の問題とか、操作に慣れてきてデザインを変更する時に面倒だとか、英語表記のアプリが現れるとか、それぞれ独自のプログラムを採用しているので、使い慣れれば良いのでしょうが、それまでが「使いにくい」「慣れにくい」ということでしょうか。

jimdoなどはサポートもしっかりしているようですが、少し独自性が強すぎる気がします。

wixはイスラエルでjimdoはドイツが本部ということで、操作性が「日本人向け」ではないのかもしれませんね。

そのため、採用に踏み切れないショップの人が多いのでしょうか。

最近良く耳にするのがグーペです。

これは「ロリポップ!レンタルサーバー」や「ムームードメイン」を運営しているGMOペパボ株式会社という、日本の企業が提供しています。

ブログのように更新ができる お問い合わせフォーム、予約機能、マップ生成、SNS連携、クーポン機能など、ショップのホームページ作成に必要なコンテンツがあらかじめ用意されているため、アナタのお店情報を入力していけば、すぐに簡単なホームページが完成します。

日本の企業が提供しているので、日本人が操作し易い設計になっているということです。

レンタルサーバーは特に必要ではありませんので、WordPressのように、サーバーを借り、ドメインを取得し、WordPressをインストールして初期設定であーでもないこーでもないと悩まなくても良いということです。

悩む時間があれば、アナタのお店への集客に注力したほうが良いです・・・というよりすべきです。

デザインも数多くのパターンテンプレートがあり、アナタのお店のイメージに合ったデザインを選択できます。

慣れてくればHTMLやCSSといったところを変更することで、よりカスタマイズできますので、わざわざWordPressを使用する必要がありません。

当然、スマホやタブレットにも対応していますので、訪問して頂いたお客様をホームページ上で見たいページにたどり着けず迷子にし、結果お客様を逃してしまうということもありません。

ここは結構重要で、一般のサイトでも訪問者を迷子にさせないようなサイトでなければリピートされません。

ましてお店ということになれば尚更です。

クーポン機能や求人情報掲載機能、予約管理機能は理美容・エステ・飲食店などに使えそうな機能ですね。

  • 専門知識不要・誰でも簡単にホームページが作れる
  • 更新が簡単!仕事の合間にスマホでも情報を更新
  • 広告は一切表示されない
  • 予約機能がついている
  • サイトの表示速度が早い!
  • SEOに強い

プランは「通常プラン」「DXプラン」「ビジネスプラン」とあるようですが、オススメはDXプランです。

1ヶ月1,500円(年間プラン12,000円)、ディスク容量5GB、メールアドレス10個、アクセス解析やメルマガ機能が付いているのもありがたいですね。

お客様が増えればメルマガ機能を利用し、ワンクリックで勧誘メールを送信できます。

内容的にバランスが取れています。

ただし、電話窓口対応はビジネスプランにしか付いていませんのでご注意下さい。

一番の強みは、日本の企業が提供しているということに尽きます。

まとめとして

お店、店舗の目的を考えた場合、お客様がホームページを見て「ここのお店に行きたい」「ここを利用したい」と思っていただき、それが集客につながり、ひいては目標である売上につなげるということです。

そこを一番に考えると、敢えてWordPressを使う必要はなく、お店機能に徹したサービスを利用するほうが得策であるということです。


 

関連記事
サーバーサーバー記事サーバー比較

アフィリエイトに適したレンタルサーバーを3つの基準で5つ選んでみた

WordPressでアフィリエイトサイトを構築するにあたり、レンタルサ…
サーバーサーバー記事

WordPressのレンタルサーバーはエックスサーバー以外考えなくていいたった1つの理由

WordPressでサイトを作成しアフィリエイトを始めようとする時、ど…
初めてのWordPress

WordPress 初めてのアフィリ サイトは有料テーマか無料テーマかを考えてみる

WordPressで初めてアフィリエイトサイトを作成する場合、「Wor…
WordPressテーマをテストしているサブサイトはこちらからどうぞ ↓

テストサイトに各WordPressテーマを実際にインストールしてみました。
各テーマ毎に少しカスタマイズしたところもありますが、基本的に同じ画像、同じ記事で構成していますので、参考になるかと思います。