2021年 国産WordPressテーマで海外テーマと渡り合える唯一無二の存在 INFINITII

最終更新日2021年1月5日 by samurai

国産WordPressテーマと海外製WordPressテーマを比較すると、言葉うんぬんは除き、デザイン性、機能性、カスタマイズ性、操作性そして価格のどれをとっても海外製に勝るテーマは、残念ながらありません。

国産WordPressテーマで作成したサイトは一見で「このサイトは○○というテーマだ」「これは△△というテーマを使用している」というのがすぐに分かります。

もちろん、伝えるものはコンテンツなので、それでも良いのかもしれません。

しかし、個性が無くなってしまうというのも事実です。

そんな、国産WordPressテーマの中にあって唯一、他の国産テーマと違うテーマがあります。

INFINITIIのデザイン性は秀逸

海外製WordPressテーマに勝るとも劣らないテーマとは、DigiPressで販売されている「INFINITII」というテーマです。

操作性、機能性は元より、デザインが優れています。

まるで海外製のWordPressテーマを見ているようです。

パララックス(視差効果)を使用したトップページの目を引くようなヘッダーはバリエーション豊かです。

他のWordPressテーマでもダイナミックで大きなスライダーを有したものはありますが、そこに様々なデザインギミックを施し、美しさをプラスしています。

  • 傾斜レイヤー
  • ヘッダーバーの透過
  • ヘッダー画像の余白効果
  • ヘッダーコンテンツ下のエッジ
  • パターンマスク

そして、スライダーの組み合わせだけでも数十種類に及ぶため、トップページのデザインだけで同じものができないんじゃないかなと思うくらいで、訪問者に与える印象が全く違います。

タイポグラフィにもこだわりが

タイポグラフィはサイト作成においてとても重要です。

フォント一つで文字の見やすさ、読みやすさが変わってきます。

特に日本語はタイポグラフィが難しい原語です。

日本語フォントは、デフォルトフォント以外に、 Noto Sans JP 、Google Fonts 日本語のウェブフォントを選べます。

個人的には英語と組み合わせが一番キレイなのは Noto Sans JP だと思っています。

日本語13フォント、英語15フォントを用意しており、組み合わせも自由です。

パララックススクロールコンテンツ専用ウィジェットで縦書きモードが設定できるため、和風テイストにも仕上げられます。

INFINITIIのAMP対応も見逃せない

Googleが推奨する AMPを使用すると、Javascriptが使用できなかったり、CSSに制限があったりと、スマホ表示時に自分の思っていたデザインが崩れてしまうことが多々あります。

これは国産・海外WordPressテーマ問わず、デベロッパーが頭を痛めているところです。

しかし、INFINITII (DigiPressはコレに限ったことではないのですが)では、可能な限りサイト内のすべてのページをAMPに対応させています。

このAMP機能は見逃せないでしょう。

サイト内検索機能もスグレている

最近の海外WordPressテーマでもサイト内検索機能には力を入れています。

検索ボタンを押すと全面検索画面に切り替わったりして、検索をしやすくしようとしています。

INFINITII もウィジェットを設け、コンテンツ、カテゴリー、タグ、検索期間を組み合わせて高度なサイト内検索機能を充実させており、訪問者が迷うことなく検索できるようにチューニングされています。

サイト内ページ移動の高速化は当然のこと

INFINITII はpjaxという技術で非同期通信でサイト内ページ移動を高速化しています。

最初のページを読み込んだ後は、CSSやJavascript、ヘッダー、フッター内のコードのほとんどが共通なため、そこは更新せず、メインコンテンツやメタタグのみの更新を行うことで負荷を軽減し、ページ移動が高速化されています。

カスタム スキンが9種類

別売ですが、カスタムスキンも9種類用意されていますので、購入後 直ぐにカスタムスキンを利用してサイト作成が可能です。

もちろん、オリジナルで作成することで、差別化されたサイトが完成することでしょう。

また、有料のプラグインを導入することで、ECサイトを構築できるWooCommerceとの連携も可能です。

INFINITIIは国産WordPressテーマのベストバイの一つ

INFINITII は数多くある国産WordPressテーマの中でも群を抜いた機能とデザインを持ち合わせたテーマの一つです。

AFFINGERやTHORなど、優れた国産テーマが多い中、購入しても損はしないテーマの一つであることは間違いないでしょう。

価格は税込みで下記のようになっています。

1ライセンス¥11,899
3ライセンス¥18,899
5ライセンス¥26,899
10ライセンス¥37,899

3ライセンスで18,899円ということは1サイトあたり6,300円ということになり、海外製WordPressテーマと比較しても遜色はない価格だと言えます。

>> INFINITII の購入はコチラ <<

まとめ

INFINITII は国産WordPressテーマとして高い水準のテーマです。

海外製のテーマと比較しても遜色なく、むしろ日本語との親和性が高く、今まで使用したり、チェックしてきた国産・海外WordPressテーマの中でも上位に位置する、オススメできるWordPressテーマです。

WordPress SAMURAI

0

Scroll to Top