サーバー

WordPressの運用に特化したレンタルサーバーのwpX は使いやすいのか?

選択ポイント

『wpX』(ダブリューピーエックス)は、WordPressを用いたサイト運用に特化したレンタルサーバー&クラウドサービスです。
WordPressを高速に表示するために最適化された専用システムを採用しており、負荷に強く高速なサイト運用が可能です。

wpXレンタルサーバーではメールアドレス作成機能やDNSサーバー機能など、
レンタルサーバーとしての標準的な機能を搭載しています。

wpXクラウドはアクセス数や転送量などサイト規模にあわせて拡張が可能です。

果たしてWordPressの運用に特化したレンタルサーバーのwpX は使いやすいのでしょうか?

特徴

◇wpXの特長

  • 管理ツールからWordPressを簡単インストール
  • 最新の高性能サーバーマシンを採用&高速ネットワークに接続
  • SSDストライピング構成によりディスクI/O速度の高速化
  • 高速Webサーバ「Nginx」や「HTTP/2」、リバースプロキシによるキャッシュなどの専用システムによるWordPressの高速表示
  • 過去14日間のデータの自動バックアップ機能
  • 独自ドメインでの運用可能
  • 独自SSLが無料で利用可能
  • 国外アクセス遮断機能やダッシュボードへの不正ログイン防止機能など、セキュリティ対策も万全

◇wpXレンタルサーバーの特長

  • 大容量30GB、月額1,000円(税抜)より
  • 1契約につき10個のWordPressの運用可能
  • 独自ドメインを柔軟に活用できるDNSサーバー機能
  • メールアドレスの作成

◇wpXクラウドの特長

  • 初期設定費用なし、月額500円(税抜)から、1ヶ月契約から利用可能
  • サイト規模に応じた7つのグレード

wpXクラウドはWordPress設置が1つしかできないので注意して下さい


考察

コントロールパネルは使いやすいのですが、wpXサーバーはWordPress設置が10個までと制限があることと、他のCMSは使用できないということもあります。

wpXクラウドはWordPress設置が1つですので、ブロガーさんには良いかもしれませんが、複数サイトを運営するには無理があります。

せめて、wpXクラウドでWordPress設置数が10個はほしいところです。

これならば通常の「エックスサーバー」でなんら問題はないのではないでしょうか?

 

スペック・評価

プラン名
wpXレンタルサーバー
評価
初期費用
5,000円
費用
月額1,000円
稼働率
ディスク容量
30GB
転送量
50GB
マルチドメイン
10
サブドメイン
WordPress設置可能数 
10
MySQL 
1,000MB
CGI,SSI.PHP 
SSL 
メール
無制限
サポート 
電話、メール
無料お試し
14日間
総評
一番はWordPressが高速に動作することです。
また、インストールからサイト確認まで数分ででき、とても簡単です。
しかし、WordPress運用に特化しているので、WordPress以外のプログラムはインストールできないデメリットがあります。

関連記事

  1. VALUE-SERVER(バリューサーバー)は高機能・高速レンタルサー…

  2. 激安ロリポップはWordPressサーバーとして問題ないのか?

  3. 2016年版 Macでアフィリエイトサイト作成に役立つアプリ

  4. お店のホームページ作成ならWordPressまで必要とはしない たった…

  5. WordPressをマルチサイトで複数ブログ運用するがサブドメイン?デ…

  6. 【WPプラグイン】Really Simple SSLでサイトを一気にH…

PAGE TOP