サーバー

激安ロリポップはWordPressサーバーとして問題ないのか?

選択ポイント

低価格で利用実績も200万サイト以上あるロリポップサーバーです。

100円/月から利用できるエコノミープランから大規模サイト向けのエンタープライズプランまで4つのプランがあります。

ライトプランでも長期契約なら250円/月と破格値です。

昨年サーバー環境を一新し、今までより安定したレスポンスを維持し続けます。

この価格帯ではメールサポートが主ですが、スタンダードプラン以上になると電話サポートも受けることが出来ます。

しかし、ロリポップはWordPress運用サーバーとして使えるのでしょうか。

特徴

  • 60秒でWordPressが始められる。
    簡単インストール機能なら、人気の「WordPress」もたったの1分で設置可能
  • 必要な機能がすべてある。
    ホームページの運営に欠かせない基本機能を標準装備
  • いつも安定したレスポンスを。
    昨年サーバー環境を一新し、最新鋭のサーバーを導入。その環境において、独自の開発技術で支える「モジュール版PHP」は、CGI版PHPのおよそ7倍※の高速性能を実現しました。
  • 困ったときは、すぐ解決。
    メールのお問合せは24時間365日、毎日受け付けています。リアルタイムにスタッフと話せるチャットサポート、電話サポートもあります。



考察

すっかり古株になってきた元祖格安サーバーですが、速度面では他社と比べてかなり遅いという感覚です。

しかし、サーバー一新で効果は出たのでしょうか?

また、エコノミープランはWordPressが使えず、ライトプランもWordPress設置がひとつということで、初心者には良いですが、ずっと続けるには最低スタンダードプランが必要になります。

スペック・評価

プラン名
スタンダード
評価
初期費用
1,500円
費用
月額500円/月(長期契約)
稼働率
ディスク容量
120GB
転送量
100GB/日
マルチドメイン
100
サブドメイン
ドメイン毎に500
WordPress設置可能数
MySQL
30個
CGI,SSI.PHP 
SSL 
メール
無制限
サポート 
電話、メール、チャット
無料お試し
10日間
総評
安いが遅いサーバーだったロリポですが、サーバーを一新して体感的に速くなったという声も聞きます。
しかし、WordPressで通常運用を行うにはスタンダードプラン以上が必要になってきます。
そうなれば、他の低価格で高速のサーバーでも良いのではないのかなと思います。
しかし、管理画面などは操作しやすく、初心者には良いサーバーです。

関連記事

  1. ロリポップからXserverへDuplicatorを使用してお引越し

  2. WordPressのレンサバはエックスサーバー以外考えなくていいたった…

  3. CORESERVERは低価格だが使いやすさはどうだろうか?

  4. さくらのレンタルサーバは使いやすいのだろうか?

  5. 2016年版 Macでアフィリエイトサイト作成に役立つアプリ

  6. mixhost 月額880円からの高速SSD無制限クラウド型レンタルサーバー

    mixhostはクラウド型サーバーでアダルトもOKな高速SSDというが…

PAGE TOP